桜鳴塾の指導日誌~金沢市問屋町~

金沢市問屋町にある個別学習塾、桜鳴塾のブログです。指導のことや、研究グループ4gaku会の活動で感じたことを綴っていきます。そういう文章を通して、塾長の考えや性格みたいなものを感じて頂けたら幸いです。

全国学力調査「英語の予備調査実施」

 今日ニュースを見ていると、本日より、全国学力調査の英語の予備調査実施のニュースが流れていました。

 

 毎年実施されてる調査に加え、来年度より英語も3年に1度のペースで実施されるようで、全国ニュースでの報道だったので、現在進行中の2020大学入試改革等いろんなことが本格的になってきてるなと感じました。

 

f:id:ohmeijuku:20180501183456j:plain

 この全国学力調査結果、皆さんご存知の通りここ近年、小学6年生、中学3年生どちらの部でも石川県が常に全国トップクラスですよね。県が金沢大学等と連携して、様々な努力をされてるのも有名ですし、石川県の方であればこの結果に素晴らしいと感じる方も多いと思います。

 

 そんな県なので、この英語に関してもかなり力をいれて関係者の方々は様々な努力をされるんだろうなと予感し、県の生徒達がより学力を身に付けるきっかけになって欲しいなと思います。

 

 その学力調査ですが、主旨から大学進学や、センター試験の結果と結びつけるものではないと十分承知はしておりますが、なんとなくセンタ―試験の結果、石川県の平均とかにも目が行ってしまう自分もいます。(何度も言いますが、それとこれとは別物です)確か2017年センター試験は全国平均より少し下だったような・・。

 

 もちろん中3は全員が対象、センター試験は大学進学者対象など調査対象が違いますし、学力調査はほぼ公立学校で実施などがあるので、そこに結びつけるべきではないと思います。が、どちらも学力の一つの結果には変わりないのでどちらも好成績のほうが

良いと思ってるのは私だけではないはず!? 

 

 いずれにせよ、全国学力調査センター試験も県別の結果はそれぞれ出ることも事実なので、ご縁のあった生徒さん達を通じて、微力ながら少しでも学力の向上にお役に立てればと思います。 ちょっと話のスケールが大きすぎましたかもですね 笑